すりおろしリンゴ湿布(林檎湿布)

スポンサードリンク

すりおろしリンゴ湿布(林檎湿布)

軽いやけどは、すりおろしリンゴ湿布

 

りんごの消炎作用を利用した火傷の民間療法ですが、あくまでも軽度のやけどの場合でのみの対処法です。

 

ひどいやけどや、水ぶくれができたときは、すぐに病院に行って専門のお医者さんに診てもらってください。

 

やけどをしたら、とにかくすぐに水で冷やした応急処置をします。

 

軽いやけどの場合は、水で冷やした後、すりおろしたりんご(すりおろしたりんごは絞らない)をガーゼに塗り、やけどしたところに当てます。
リンゴの消炎作用で熱と痛みがひいていくそうです。

 

患部に当てたリンゴ湿布が温まってきたら、取り替えます。
これを2〜3回繰り返します。

 


【長野産】 【数量限定】【予約特別価格】【訳あり】葉とらず蜜入りサンふじ!雪中りんご約2.5kg

スポンサードリンク

 

掲載されている記事等の閲覧、ご利用はお客様の責任で行うことをお願いいたします。

また掲載されている記事・画像などの無断コピー及び転載を禁止します。


楽天市場

注意とお願い