どくだみの煎じ茶(便秘・風邪など)

スポンサードリンク

ドクダミの煎じ茶

ドクダミの煎じたものを内服することで、便秘症、風邪、蓄膿症、耳鳴り、胸の痛み、のぼせ、胃酸過多、高血圧、冷え性、月経症などに効果があると言われています。

 

ドクダミの乾燥葉の作り方
・土や葉についている汚れを洗い落とし、水気を切り5,6本づつしばり、風通しのよい軒下などに干しておきます。
・ドライフラワーのようにカラカラに乾燥したら、3〜5cmぐらいに切って、缶に乾燥剤とともに入れて密封して保存します。
保存中にカビが生えないように気をつけてくださいね。

 

ドクダミの乾燥葉は、ジュウヤクという名で薬局で売っていますので、それを使ってもOK!

 

ドクダミの煎じ茶の作り方
・どくだみ乾燥葉約10〜15gをお茶パックに詰め水500cc〜600tを土瓶や耐熱ガラスやホウロウ鍋などに入れ、煮詰めて煎じ薬として1日3回服用します。

 

・健康茶としてお茶がわりに飲む場合は乾燥葉10gに水1リットルで10分程煮出します。

 

 濃すぎたり薄かったら好みで調整してくださいね。

 

ドクダミの煎じ茶は日持ちしないので、その日飲む分だけを作ります。

 

どくだみ茶

どくだみ茶 日本産  【DOKUDAMI-CHA】

 

どくだみ茶を手軽にティーパックで!

国産100%どくだみ茶【ドクダミ茶】【国産】

 

ドクダミの乾燥葉(ジュウヤク)

ジュウヤク500g
便秘薬・浣腸/便秘薬内服/漢方便秘薬 煎じ薬に!

スポンサードリンク

 

掲載されている記事等の閲覧、ご利用はお客様の責任で行うことをお願いいたします。

また掲載されている記事・画像などの無断コピー及び転載を禁止します。


どくだみの煎じ茶(便秘・風邪など)関連ページ

どくだみの生葉(水虫・ニキビなど)
生の葉の使い方は、水虫、化膿、ニキビ、湿疹などに、生の葉をもんで患部に貼り付けるか、葉汁を絞り出して外用として使用したりするとよいそうです。

楽天市場

注意とお願い