ねぎ(ネギ)

スポンサードリンク

ねぎ(ネギ)

ねぎ(ネギ)

ねぎ特有のにおいは、「アリシン」と呼ばれ肉や魚などの臭みをとり、薬味として使っても食欲増進に効果を発揮します。

 

アリシンはビタミンB1の吸収助ける働きがあります。

 

ねぎにはビタミンC、Aの他にカルシウム、βカロチン・硫化アリルなども含まれています。

 

ねぎは冷え性の方などにもお薦めする食材です。

 

 

ねぎネギ)には、古くから薬効成分が含まれているといわれていて、痰や鼻水を押さえる作用があるということです。

 

風邪をひいた時に、ネギをくるんだ手拭やガーゼなどを首に巻くという民間療法があります。

 


宮崎県産白ねぎ
宮崎で育った美味しいねぎで風邪予防にもシャキ!


ねぎ(ネギ)記事一覧

ネギ湿布(ねぎ湿布)(風邪)

風邪の引きはじめにネギの湿布を!ノドが腫れて熱っぽい時の民間療法です。白ネギ(長葱・根深葱)を使います。ねぎの白い部分を10センチくらいの長さに切って、縦半分に切り、端が少し焦げるくらいに火にあぶります。ネギから油分が出てきたら、タオルか手拭いでくるみ、ネギの内側の面がノドにあたるようにして巻きます...

≫続きを読む

 
スポンサードリンク

 

掲載されている記事等の閲覧、ご利用はお客様の責任で行うことをお願いいたします。

また掲載されている記事・画像などの無断コピー及び転載を禁止します。


楽天市場

注意とお願い