民間療法あれこれ〜材料別民間療法メモ

スポンサードリンク

酢

酢は、酒を発酵させて作られたもので、昔から調味料として使われていますが、健康にもとても良いと言われています。

 

調べると、便秘解消、高血圧の予防、疲労回復、高血圧の予防、疲労回復、冷え性回復、胃もたれや消化不良を防止、血中コレステロール値を下げる働きがある、口臭予防、ダイエット、喉の痛みなどの炎症を抑える・・・・などいろいろな効果が期待できるスグレモノです。

 

酢(食酢)には、「醸造酢」と「合成酢」の2種類があります。
農林水産省が定めた「食酢品質表示基準」によると(簡単に書くと)
醸造酢は、穀類、果実、野菜、その他の農産物、蜂蜜、アルコールを原料としたものを酢酸発酵させた液体調味料であって、氷酢酸又は酢酸を使用していないもの。
つまり穀物酢や米酢、黒酢、りんご酢などです。

 

合成酢は、氷酢酸または酢酸を水で薄めたものに、砂糖類、酸味料、うま味調味料、食塩等を加えた液体調味料。
またはこれらに醸造酢を加えたもの。
合成酢は、現在、店頭で見かけることはないようです。

 

健康食品として摂るのは、良質の天然原材料を用いた純醸造酢です。

 

空腹時は胃が荒れて傷める原因になるのでお酢を摂るときは食事中か食後にどうぞ。
取りすぎても良くないので、過剰摂取にならないよう気をつけてください。

 

また就寝前のお酢は、歯が溶けてしまうという悪影響があるので要注意です。

 


酢記事一覧

酢で水虫撃退!

酢には殺菌効果があります。この酢の殺菌効果を利用して「水虫撃退」の民間療法があります。酢で水虫撃退!足を入れていいもの(浴用洗面器など)に、醸造酢をお風呂くらいの温度(40℃くらい)にして入れます。この中に毎日15分〜20分くらい足を浸す。1カ月くらい続けてみてください。 ※酢は必ず本物の醸造酢を使...

≫続きを読む

 

酢の温湿布(温シップ)

酢には、筋肉痛や肩こりを和らげる働きがあり、酢の温湿布(温シップ)をすることで、血流がよくなるといわれています。作り方は、★材料(1回分)・酢  大さじ1・塩  小さじ1・湯  500cc・湿布用のガーゼなどの布★作り方と使い方50℃のお湯に、酢、塩を入れよく混ぜます。湿布用の布を1に浸し、軽く絞り...

≫続きを読む

 
スポンサードリンク

 

掲載されている記事等の閲覧、ご利用はお客様の責任で行うことをお願いいたします。

また掲載されている記事・画像などの無断コピー及び転載を禁止します。


楽天市場

注意とお願い