梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)(貧血・冷え性・胃腸強化など)

スポンサードリンク

梅醤番茶(貧血・冷え性・胃腸強化など)

梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)は、民間伝承療法の中でもポピュラーなもののひとつです。

 

貧血気味や冷え性、生理不順、胃腸強化、疲労回復(夏バテ解消とか!)、二日酔いなどに良いといわれています。

 

子供さんには、レシピの半分程度の量を4〜5倍に薄めてから様子を見ながら飲ませてください。

 

梅醤番茶の作り方・レシピ
 梅干は、無添加の梅と塩とシソで作ったもの、あれば自家製梅干がおすすめです。
 醤油としょうがの量は、お好みで増減して飲みやすくしてください。

 

梅醤番茶の材料(1回分)

  • 梅干    中位の大きさ1個
  • 熱い番茶   適量
  • 純正醤油  小さじ2〜3杯
  • しょうがのすり下ろし汁 4〜5滴

梅醤番茶の作り方

  1. 種を取った梅干を湯飲みに入れ、箸で細かくし、よく練り、純正醤油とおろししょうが汁を加え、さらによく練る。
  2.  

  3. 熱い番茶を湯のみの八分目くらいまで注ぎ、よくかき混ぜてから飲む。

 

食前か、空腹時に飲みます。
元気な人にもおすすめの健康食品です。
1日1〜2回どうぞ!

 

梅醤番茶をよく飲む方や、無添加梅干がない方には紅玉梅醤(番茶・生姜入り)がおすすめ!

 

紅玉梅醤(番茶・生姜入り)を、湯飲みに小さじ1〜2杯入れ、熱湯(または水)8分目ほど注ぎ、よくかき混ぜれば、梅醤番茶の出来上がり!

紅玉梅醤(番茶・生姜入り)
原料は全て国産。
塩も全て日本の伝統の海塩「海の精」を使用。
有機「紅玉ねり梅」と純醤油「生しぼり醤油」に、番茶の煮出し汁と生姜のしぼり汁をブレンドしたものです。
ショップ:アロマージュ


スポンサードリンク

 

掲載されている記事等の閲覧、ご利用はお客様の責任で行うことをお願いいたします。

また掲載されている記事・画像などの無断コピー及び転載を禁止します。


梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)(貧血・冷え性・胃腸強化など)関連ページ

梅茶(梅干茶)で風邪予防
梅茶(梅干茶)は、風邪予防や風邪のひきはじめに、昔から飲んでいたそうです。
梅肉エキス(疲労回復・食あたりなど)
梅の実をすりおろし、じっくり煮詰めて作られた「梅肉エキス」は、ミネラル分がたっぷり。
梅肉エキスとニンニクで喉の痛み対策
「梅肉エキス」と「ニンニクのすりおろし」は、風邪でのどが痛いときの民間療法です。
脳卒中予防ドリンク
脳卒中予防ドリンクの作り方をご紹介します。
頭痛に梅干を貼る
「頭痛には梅干の果肉をこめかみ貼る」という民間療法があります。

楽天市場

注意とお願い